上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機ELモニター PVM-2541の簡単なレビュー

記事のループ的にファミリーフィッシングの話題を期待していた方にはごめんなさい。(居ないような気はしますが)
今日はようやく2ヶ月待ちで入手した新モニター「PVM-2541」についての簡単なレビューです。
ものすごい誰得感がありますが気にせず続けます。意味不明な用語が出てきて気になる方はGoogle先生にでも聞いてみてください。
ちなみにこのモニターはおそらく市販されている中では一番安価なフルHDの有機ELモニターです。それでも結構なお値段ですが。

まずは箱から
hako.jpg

続いて中身
2541.jpg

評価用の映像ソースにはBDソフトのHi-Definition Reference Discを使いました。
refdisk.jpg

最初の画像は黒地に白文字の画面を撮影したものです。
左側は液晶モニター、右側が有機ELです。
自発光なので当たり前といえば当たり前なのですが有機ELは黒が本当に真っ黒です。液晶の黒がいかに黒くないかがわかります。
液晶は明るい部屋で見るものなので暗い部屋で撮影するのは間違っている気もしますが差がわかりやすかったので。
kurosiro.jpg

黒に感心したところでカラーバーで調整しようと思ったのですが全く調整する必要がありませんでした。
まあこれはたまたまかもしれません。
colorbar.jpg

次は動画解像度の確認です。
下の画像が横方向にスライドしている状態で並んだ4本の線が識別できる限界が動画解像度になります。
douga.jpg

実際は信号発生器と専用のカメラを使って計測するところを、今回はBDプレイヤーと目視で確認しているので実際より低い結果になっていると思います。目視による評価ではにせ解像度に注意しないといけないらしいですがその辺も考慮していません。
スライドスピード液晶の動画解像度有機ELの動画解像度
6.5ppf550TV本650TV本
12.5ppf350TV本650TV本
18.5ppf250TV本450TV本

*参考までに正確に測定した6.5ppfでの動画解像度はフルHD液晶が300TV本以上、倍速フルHD液晶が600TV本以上、フルHDプラズマが900TV本以上とのことです。目視では私の目のスペック的に900TV本なんてプラズマでも出ないと思いますが。

次の画像は残像感です。文字が横にスライドしている画面を撮影したものですがその差は一目瞭然ですね。
zanzo.jpg

続いていくつか実際の動画を見て感じた感想です。
風景などの実写映像を見ると有機ELの映像はとても立体感があるように感じられました。本当かどうか知りませんがこれはコントラストが高いかららしいです。
アニメの映像では液晶で見ると全体的に白っぽい印象だったいつか天魔の黒ウサギが、黒が締まるため別物のように感じられました。

最後に有機ELモニターが欲しくなった人のために書いておくと、このモニターは業務用で生産数がとても少ないらしく注文しても2~3ヶ月待ちとのことです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
有機ELの黒は美しい(バックライトが無い為)と聞いていたが、
ここまでとは!

僕は12月にプレイステーションヴィータを購入予定なのだが
5インチ程度の大きさのディスプレイでもその素晴らしさを
体感できるのだろうか?
楽しみでしょうがないな。
プロフィール

didori

Author:didori

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
逆アクセスランキング
過去30日分の集計です
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。