上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タフ関連のMiiたち

TOUGHの登場キャラクターのMiiたちです。
漫画を参考にしているので色は適当です。
覚吾と武山あたりがお気に入りです。
kiichi.jpgseiko.jpgkiryu.jpg
sonou.jpgjiichan.jpg
kakugo.jpgsyunsou.jpgtaikan.jpg
busan.jpgkanzan.jpg

今日は買い物に行っところたまたまVITAの体験会をやっていたので参加してきました。

本体は十字キーと○×△□ボタンのすぐ下にアナログスティックがあって邪魔になるんじゃないかと書かれているのを見たことがありますが、プレイした感じ特に邪魔にはなりませんでした。
アナログスティックは想像以上に小さくて背が低いためです。むしろ小さすぎて据え置きゲーム機のコントローラーほどの快適さが無いことのほうが気になりました。PSPgoのスライドパッドに比べると格段に使いやすいですが。
有機ELのディスプレイ部分については有機ELを見慣れてしまっているのでこんなもんかなという印象です。慣れって恐ろしいですね。

プレイしたゲームはGRAVITY DAZEです。
猫に重力制御能力を貰った女の子が活躍するアクションゲームです。

操作方法はLスティックで移動、□ボタンで攻撃。
Rボタンで宙に浮きもう一度Rを押すと画面奥に向かって飛んでいきます。
飛ぶ方向はRスティックまたはジャイロで変えられます。
ジャイロは方向を微調整するのに丁度良い感じに使えました。
あとは画面をフリックすると回避行動でした。
そんな無理やり画面タッチ使わなくてもボタン余ってるんですけどね。
背面タッチを使う操作は残念ながらありませんでした。

体験版の内容は操作方法のチュートリアルがあって雑魚敵を数体とボスを倒すといったものです。
戦闘は宙に浮いてから飛び蹴りをかますのがなかなか爽快でした。
ボスはある程度ダメージを与えると弱点が表示され、弱点を画面タッチすると必殺技みたいなのでFINISHでした。
ゲーム内容はそこそこ楽しめましたが、画面タッチを無理に使っているところが残念でした。
どうせ使うなら背面タッチのほうを使わせてほしかったのですが。

VITAもいよいよ来週発売なので盛り上がると良いですね。

追記
一つ気になったことを書き忘れていました。体験版はゲーム選択してからのロード時間が40~50秒くらいありフリーズしたのかと思いました。体験会のプレイ時間10分にロード時間も含まれれるのはどうにかしてほしかったです。
製品版ではロード時間は改善されているんですよね?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

didori

Author:didori

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
逆アクセスランキング
過去30日分の集計です
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。